肉体というパートナー

こんにちは!hitomiです。

 

今日の東京は、いかにも5月らしい、爽やかな風が吹いています〜✨

自転車に乗っていても、本当に気持ちがいいです😊

 

自転車と言えば、先日私は、少し変わった自転車を見かけました。

 

乗っておられたのは、足の不自由な男性です。

足でペダルをこぐのではなく、両手でハンドルのようなものをぐるぐると回して、走っておられて…。

 

調べてみたら「ハンドサイクル」とか「ハンドバイク」っていうんですね^^、

車椅子と自転車が合体したような…、

よく見かける、手で直接車輪を回すタイプの車椅子ではなくて、なんというか、輪っか状?のハンドルを両手で回す、大きな三輪車のような…。

…説明が下手でスミマセン😓笑

 

とにかく、車椅子ではあるのですが、自転車と変わらないような速度でスイスイ走っておられて、

風を切って走っておられるそのお姿は、なんとも格好良くて、とっても気持ちが良さそうでした😆✨

 

ただ、同時に、すごくキツそうな乗り物でもあり…。

両手でハンドルを前後にぐるぐると回す、あの動きを続けるのは相当にしんどそう…(>_<)!

私が見かけたその方も、さすが!筋肉隆々、鍛え抜かれた上半身の持ち主でした。

 

それに引きかえ、健常者なのに、全く筋肉がなくてお腹ぽっこりの自分が、なんだか情けなく見える…😓

 

それにしても、どんなご事情があったのでしょうね…。

生まれつきのものなのか、何かのご病気や事故が原因なのか…、

ここまでの堂々としたお姿になられるには、きっとたくさんの苦悩やご苦労があられたのではないでしょうか。

色々なことを乗り越え、今の精悍なお姿があるのでしょう。

そして、きっと今も、色々なことを乗り越えようと頑張っておられるのでしょう。

それを支えておられるご家族や周囲の方々も、同じく尊いなぁ…。

 

実は私の親戚にも、重度の障害をお持ちの方がいらっしゃるのですが、

足に限らず、人より負荷の多い肉体を選んでこられる方々って、本当に強いと思います。

すごいなぁ…と、尊敬の念を禁じ得ません。

 

どの肉体を選ぶかは、たましいの選択です。

「今回の人生ではこの肉体を通して学んでみよう」と、私たち自身が選んだのですね。

 

あの方がこの世での死を迎えて、肉体から抜け出た時、自分の肉体を眺めて、どんなことを思うのでしょう…。

ひょっとすると、「すごく苦しかったけど、おかげでたくさん成長できたな…」と、感謝すらされるのでしょうか…😌

 

 

彼ほどのチャレンジではなくても、私たちが選んだ肉体には、皆、それぞれの個性とかクセがありますよね😊

 

私も、小さい頃から虚弱体質で、肌は弱いし、呼吸器も弱いし、胃腸も弱いし、アレルギー体質だし、

「もー!こんな体、イヤだ!!」と、苦しさに涙を流し、自分の体を投げ出したくなったことが何度もあります。

 

でも、この肉体を選んだのは、私…。

 

今回改めて「私はなぜ、この体を選んだのだろう」と考えてみたのですが…、

なるほど、いろいろな気づきが生まれました。

 

中でも一番思ったことは、「自分を大切にするために、NOと言える強さを身につけるために、この体を選んだのかも…」ということです。

 

もうこれまでにも何度も、指摘されたり、失敗したりしているのですが、

私は、小さい頃からついつい、自分の正直な欲求をないがしろにしてしまうところがあります。

卑近な例でいくと、もうお腹いっぱいなのに残したらもったいないとつい食べてしまうとかw、

自分は食べたくないのに相手が食べたいと言うから一緒に食べる、とか、

自分は行きたくないのに相手が行くというから一緒に行く、とか。

自分も忙しいのに周りの目を気にしたり「こうして欲しいと思ってるんだろうな」と感じ、つい無理をしてまで人のお世話をする、とか。

場の空気を良くするために率先して自分がサービスする、とか…。

人より体が弱くて少し休みたいのにみんなに申し訳ない気がして休めない、とか…。

のんびりしたいと思っていたのに誘われると断りきれない、とか…。etc…。

 

改めて振り返ってみると、私って本当に、今までどれだけ自分の気持ちや自分の感覚をないがしろにしてきたんだろう…と、自己嫌悪…😓

 

「これまでずいぶん、自分の体に無理をさせてきたな。ずっと教えてくれてたのに、なんで無視し続けてきちゃったんだろう😢今度こそ、自分の気持ちや感覚を大切にする生き方に変えていきたいな」

 

今回、心からそう思って、すると、私の体もとても喜んでいる気がしました✨

 

そこで、昨日はすごく久しぶりに、トマトを買って食べました。笑

…というのも、うちは、夫も子供たちもみんなトマトが嫌いなんです😅

なので、もうここ何年も自然とトマトを買わなくなっていたのですが、

昨日は私自身がすごくトマトを食べたかったので、買ってみました😊

自分のためだけに、一手間かけて、トマトで一品作りました。

トマトを食べて、私の体が喜んでいました✨

 

そして、夫はまだお酒を飲んでいたけど、私は「今日はもういいや^^」と、お茶に切り替えました。

 

はあ、でも、今日のお昼は全く食欲がなくて、酵素入りのリンゴジュースだけでいいかな〜と思っていたのに、

子供に作ったチャーハンが多くて、ついつい体の声を無視して、一緒に食べてしまった〜!笑

すると、はい、やっぱり今、胃が重くて体がだるいです…😅

 

私というたましいが持つクセ…、下手すると前世からw長年培ってきた習慣なので、そんなに簡単に変わることはできませんが😓、

でも、私がこの肉体を通して学ぼうとしていることに、これからも真摯にチャレンジし続け、

いずれ私が死を迎えて、この肉体とのお別れが来た時には、

「たくさん成長させてもらって、ありがとう」と、清々しく感謝できるようになっていたいな…💕

 

そう思うと、不満だらけだったこの体が、とても愛おしく見えてきます…✨

 

生まれつき心臓の弱い方…、目の弱い方…、美しい容貌の方…、太りやすい方…、速く走れる足を持った方…、運動が苦手な方…、

肉体にはそれぞれ、それこそ星の数ほどの個性がありますね。

そして、肉体に備わるどんな個性にも、それを選んだ方の学びの元、選んだ理由があるんですね。

 

例えば、私の弟は、私と違ってすごく体が大きいのですが、実家が農家なので、その体の大きさがすっごく役に立っていたり😊笑

困っている人を助けることで成長したくて、自身は丈夫で健康な肉体を選んで生まれてくる方もいらっしゃると思います。

あるいは、容貌の美しい方は一見とても恵まれているようで、もちろん、この世界に美で貢献する役割もあったり、でも、ひょっとすると高慢になりがちなたましいのクセを成長させたくて、その肉体を選んだのかもしれません。

 

あなたが、あなたのその肉体を選んだのには、必ずあなただけの理由があります。

それが何なのか…、よろしかったら一度、自分自身に優しく問いかけてみてくださいね^^。

 

あなたの肉体は、あなたのために、用意されました。

あなたの肉体をこの地上にご用意するために、協力してくださったお母様、お父様、ご先祖様には、改めて深い深い感謝ですね…😇✨

 

 

ひょっとしたら、私もこの先、手足が不自由になる時が来るかもしれません。

そうなれば、最初はきっと絶望することでしょう。

でも、きっとその時には、私はあの精悍な体をされた、車椅子自転車の男性を思い出すんだろうな…😌

そしてきっと、再び前を向いて生きる勇気をもらうんだろうな…✨

 

肉体の見た目以上に、大切なものがある…、

本質は、そこに宿っているたましいにある…、

今回、そんな素敵な真理に改めて思いを馳せるきっかけをくださり、

私に「自分自身を大切にする」ことも気づかせてくださった、あの霊性の高い男性との出会いに、心からの感謝を捧げます。

 

それに、「自分自身の気持ちや感覚を、もっと大切にしよう」と思ったら、

「同じように、相手の気持ちや感覚も、もっと大切にしてあげよう」と、心から思えるようになりました。

 

自分を犠牲にして相手を尊重するのではなく、

自分を大切にして相手も尊重する…、

すごく素敵ですよね…😊✨

 

やっと気づけた、まだまだ未熟な私です。

 

今日も読んでくださって、ありがとうございます!

 

Sponsored Link
コメント
コメントする








   

profile

プロフィール画像

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

Sponsored Link

recommend

recommend

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM