年齢域

こんにちは^^。hitomiです。


現在小学5年生の長男…、

目下、私の最大のイライラの種です…😓


反抗期の始まりなんですかね…、

なーんか今まで通りの接し方では通用しなくなってきたなあ…、

扱いが難しくなってきたなあ…。

あんなに素直で可愛かったあの子は、いったいどこへ〜😭??


褒めてみたり、どなってみたり、

厳しくしてみたり、放任してみたり、

分かり合えた…^^!と舞い上がったり、裏切られた…(__)と落ち込んだり、

本当に日々感情をかき乱され、誰がどう見ても私、情緒不安定なおばさんです。笑


そんな中、ふと先日、長男のホロスコープを見ることを思い出しました。


…って、遅っ!!笑

私ってなぜか昔から、自分や家族のことになると、せっかくの自分の得意分野を使うことを忘れがちなんですよね〜😅


そういえば、年齢域が移ってたんだなと、思い出したんです。


ホロスコープには「年齢域」という考え方があります。

「その年齢の時にはこの天体の影響力が強まりますよ」という考えで、私も40年以上生きてきて、その影響力の正しさはかなり実感しています^^。


まず、0歳〜7歳頃までは、「月」の性質が主に表に出ます。

そうやって月の入っているサインの衝動に合ったような経験を引き寄せることで、その方の生き方の基礎的な部分を形成していきます。


そして、8歳頃〜15歳頃までは「水星」の衝動が表に出てきて、水星の力を発達させていきます。

水星の入っているサインの性質が、目立っている時期です。


長男の場合、月のサインは「やぎ座」。

水星のサインは「てんびん座」。


そして、私の子育てのスタイルを表す金星は、「やぎ座」。


つまり、長男が7、8歳頃までは、同じ「やぎ座」と「やぎ座」で、私と長男の価値観はピッタリ同じだったんです〜^^!

互いの目指すところや、やり方が同じ。

ツーと言えばカーと分かる、本当に息のあった関係だったんですよね😊

ハア…、幸せだったはずだ…💕笑


ところが、実は3年生頃から、長男は「やぎ座」から「てんびん座」へと、発揮したい力が移ってきていました。


なのに私はやぎ座のまま、同じことを長男に期待していた…。


なるほど…。ハア…(__)。


このやぎ座とてんびん座というのがまた、結構強力にぶつかり合う性質なんです😓


まず、やぎ座は「地」のサイン。

てんびん座は「風」のサイン。


「地」は「閉じ込める」のが本性で、「風」は閉じ込められることを嫌います。


まあ、薄々気づいてはいましたが(ー_ー;)、長男にとっては、私のやり方はさぞかし窮屈なんでしょうね…(__)。

さらに「風」は、人の気持ちや思い入れを理解しない傾向があり、重たい感情をスルッスルッとかわすので、私からすると長男が冷たい人間に見えて、不安になり消耗する…。

その通りだー…!


また、やぎ座は縦の意識、てんびん座は横の意識を表し、例えるなら、

様々なことに耐えて富士山の登頂を目指すことで一緒に成長しようとするのがやぎ座なら、

北海道から沖縄まで様々な出会いも経験しながら、日本を縦断することで一緒に成長しようとするのがてんびん座。


上下関係をとても大切にするのがやぎ座であり、

どんな立場の人でも結局対等な人間同士、一対一の関係に上も下もないよね、というのがてんびん座。


つまり、「閉じ込めたい」「耐えて上を目指せ!」「上下関係は大切!だから親の言うことは聞いておけ!」というやぎ座の私と、「ひと所にとどまりたくない」「バランス良く横に広げたい」「人はみんな対等。親っていうだけでそんなに偉いの?」というてんびん座の長男じゃ、そりゃぶつかり合うはずです〜…(^_^;)。


どちらがいいとか悪いとかではなく、私と長男の価値観には、ギャップがありすぎるんですね。


そうかあ…。

そういうことかあ…。


まあ、ありていに言えば「相性が悪い」ということになるのですが、

でも、人との出会いには必ず意味があり、どんな相性にも必ず必要な学びがあります。


閉じ込めようとする「地」は、でも「風」のおかげで、柔軟さを身につけたり、器を大きくするチャンスを得ます✨

自由気ままでとどまることのない「風」は、でも「地」のおかげで、方向性を定め、現実的な成果に繋げるチャンスを得ます✨


また、やぎ座もてんびん座も「人」をとても意識していて、人を扱うのが得意なサインなので、集団の中で協力するなら、「個々の思惑を調整しながらみんなで一つの目標を目指す」なんて高度な幸福も、手にする可能性を秘めています😊


違いを批判し合っているだけでは、不毛です。


でも、互いの違いを知り、互いの価値観を認め合い、自分にないものを取り入れることで、一人では得られなかったかもしれないもっと大きな幸せへと一緒に向かっていけるなら…✨

実は価値観の違いが大きい相手ほど、より大きな幸せを与えてくれる良い相性と言えるんですよ😊💕


東洋の占術などでは、それゆえ、正反対の性質を持つもの同士こそ、運命の相性、結婚相手にも最適!となっています^^。


…というわけで、長男が16歳になる頃まで、あーだこーだ言い合いながら、私のやぎ座をみっちり鍛えてもらいますっ(>_<)笑笑!


金星は子育てのスタイルだけでなく、

人生の楽しみ、何かを創造したり、表現したりする喜びも表すので、

長男との関係で悩み気付き、鍛えられる中で、きっと私は人生の楽しみや喜び、そして表現や創造の幅をもっと柔軟に広げることができるようになっていくのでしょう…^^!


そして、長男が16歳、高校2年生になる頃には、次のいて座の金星の影響力が強まるので、今ほどの衝突はなくなるかな😊


しかし…、実は次男も、現在の年齢域である月はおひつじ座で、こちらも「火」の性質のため、やはり私の「地」に閉じ込められるのが大嫌い…、

そして16歳頃〜35歳頃までずーっと、やはり「てんびん座」の影響下にある子なんですよね〜(ー_ー;)。


二人の息子たちが、私を鍛えにやってきたことは、間違いないな…笑。


それかもういっそ、やぎ座の金星を放棄して、

つまり「母親」という意識を捨てるのもいいのかも^^!


…というのも、私の火星はふたご座で、てんびん座ともおひつじ座とも相性がいいので、つまり、私の中の男性性を発揮して、もう「男友達!」みたいな意識で息子たちと付き合うと、ストレスフリーの楽しい関係が築けそう😊✨


あるいは、私の今の年齢域のサインは「みずがめ座」で、これも息子たちのサインと相性がいいので、自分の人生、今自分がやりたいことや今の自分の興味に集中するのもいいかもしれません^^。


どちらにしろ、どうやらあまり「母親」らしくしようとか、「母親」としての自分を頑張りすぎないことが、今の時期の子供たちと私が楽しく暮らす、秘訣のようです😉💕


とりあえず、ホロスコープのおかげで現在の状況のからくりが分かっただけで、なんだかすっかり肩の力が抜け^^、

そう思って見ると、長男のいいところも色々と見えてきたり、素直にすごいなと思えたり、「閉じ込められるのが嫌いなんだ」と知っただけで、なんだかぶつかり合うことも減りました✨


知るって、大事。

知ると、世界の見え方が変わります。


ホロスコープ、万歳😆💕笑


今日も読んでくださって、ありがとうございます!


*****

ちなみに、ご自分とお子さん、あるいはご自分と親御さんの関係はどうなんだろうと、気になられた方がおられましたら、

こんな簡単な感じで良ければ、あとこちらのブログ上での公開鑑定で良ければ、無料で見させていただきますので😊、

どうぞご遠慮なく^^、コメント欄でも個別のメール(gerberain@rb4.so-net.ne.jp)でも良いので、「無料鑑定希望」と書いていただいて、親子それぞれの生年月日(分かれば出生時間まで。動きの速い月のサインが正確に分かります)を教えてくださいね〜^^♪


Sponsored Link
コメント
コメントする








   

profile

プロフィール画像

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

Sponsored Link

recommend

recommend

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM