「敏感な子供」の子供

こんにちは^^。hitomiです。

 

現在2歳の次男が、長男も通った幼児教室へ通い始めて、半年になります。

 

この幼児教室は母子分離で、長男はお友達も一緒だった上に、教室でやる内容が大好きだったこともあり、すぐに離れることができたのですが、

もちろん、すぐには離れられない子も結構いて、

うちの次男も、どうやらそのタイプ。

 

離れると大泣きするもので、

私も毎回、一緒に教室に入っているのですが、

 

しかし、もう半年…(-_-;)。

 

5人中3人の泣いていたお子さんたちも、どんどん独り立ちしていき、

いまだに一緒にお部屋に入っているのは、うちだけ…。

 

今までの最高記録が、夏前までだったと聞いていたので、

どうやらうちが、最高記録更新中…(^_^;)?

 

今日も、途中で私が出ようとしたら、涙目になって、「ぼく、ないちゃう」と言う次男…。

 

私なんかは、もう絶対甘えて言ってる!と思うのですが、

でも、「泣いてもいいから、お母さんは出てください」という方針ではないようで、先生も

「じゃあ、やっぱりママにいてもらおうか^^」

 

「お母さん、大丈夫、ゆっくりでいいですよ^^」

とは、仰ってくださるのですが…。

 

はぁ〜…と、毎度ため息です。

 

 

「あんまり興味がないからかなぁ…」

「お兄ちゃんがやってたからというだけで、入れたのが良くなかったかなぁ…」

 

「いずれ楽しくなる時が、本当にくるんだろうか」

 

「あー、もう辞めさせたい…(T_T)」

 

もうここ1ヶ月ほど、教室に連れて行くのが本当に憂鬱で、

先ほど、私の母に愚痴ったところ、

母が、こんな言葉をかけてくれました。

 

 

「親も根気、根気!親子で頑張って^^!」

 

 

その言葉を聞いて、ふと思い出しました。

 

 

そうだったな。

 

そういえば、私も、幼稚園に2年間毎日、泣きながら通ったんだった(笑)。

 

そっか。

考えてみると、この子って私に似てるのかも。

 

 

敏感な子供」っていう記事、私、過去に書いていましたよね!

 

すっかり、忘れていました(笑)。

 

 

そうやって思い出してみると、そうだそうだ、そういえば、この子って私に似てるんだ。

 

次男も、霊的な感受性の強そうな子です。

 

霊的な能力がめっちゃ高かった祖母と、同じ誕生日に生まれた次男。

 

それを裏付けるようなエピソードも、すでに結構もっています。

 

 

そうかぁ〜。

 

あの頃の私が感じていたようなことを、この子も感じているのかな。

 

実は、長男がお世話になっていた時には、教室の中に入ることがなかったので、先生方の表面的なエネルギーしか感じることがありませんでしたが、

一緒に教室に入るようになって、先生方とずっと一緒にいるようになって、私も、色々なことを感じます。

 

とても素敵な先生方ですが、

でも、もちろん人間ですから、いい時ばかりではないし、負の側面もあるし、

女性が二人一緒に働いていることの、複雑なエネルギーも伝わってきます。

 

まだ2歳の次男には、処理しきれないかも…。

 

うん…、そうか。

あの頃の私と同じようなことを、世の大人、世の人々に対して、感じているのかもしれないな…。

 

 

そう気付いたら、なんだか張りつめていた心がほぐれて、とても楽になりました。

 

気づかせてくれた母に、感謝です。

 

 

幼稚園に2年間「毎日」泣きながら通った、伝説の母の息子!

ようし!次男よ!君も、ここの教室の、伝説になるがよい(笑)!!

 

 

しかし、うちの母、改めて、本当に根気よく、私を毎日幼稚園に連れて行ってくれたものだと思います…。

 

 

さあ、私も母のように、

もう少し、根気強く頑張ってみようかな!

 

 

世の「敏感な子供」を持つお母様方も、

根気根気で、一緒に頑張りましょうね^^!

 

Sponsored Link
コメント
コメントする








   

profile

プロフィール画像

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

Sponsored Link

recommend

recommend

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM