憑依と浄霊

おはようございます。hitomiです^^。

先日、私は久しぶりに、霊さんを「見」させていただきました。

私は、亡くなった方の霊を感じることは、多々あるのですが、
「目撃」したのは、

そうですね…、過去2度ほど、かなあ…?

今回が、多分、3度目。
拝見するのは、なぜかいつも男性で、今回もやはり「男性」でした。

夕暮れ時、車の運転をしていたら、

通りすがりの道の脇に、黒っぽいお姿が見えました。


絶対に、人が立っているような場所ではなかったので、明らかに、霊さんだと分かりました。


そこには、「事故多発地点!注意!」の看板が立っており、
「ああ、事故で亡くなった方なのかな…」と思い、


私に伝わってきた想念によりますと、

どうやら、ずっとそこに立って、誰かを待ち続けているようです。

その時は、息子とおしゃべりをしていたこともあり、
「久しぶりに、霊さんを見たなあ…」ぐらいの感覚で、通り過ぎたのですが、


家に帰ってからの、自分の様子を感じるに…、
どうやら、憑いてこられたようです…(^_^;)。



亡くなった方の霊が、憑いておられるときというのは…、


まず、私の場合は、体が妙に震えます。


寒い…というのとは、ちょっと違うような…、
例えるなら、「ヤクが切れた」ような感じというのでしょうか…(笑)。


また、頭が変にボーっとして、常にクラクラと眩暈がし、


変な食欲がある。


お酒を妙に飲みたかったり、ご飯を「ガツガツ」といったような風に、食べてしまったり…。

なんか変だな、変だな、と思ううちに、
「あ、これ、もしかして…!」と、やっと、自分が憑かれていることに気づき、


「ありゃりゃ〜。あの人、憑いてこられましたか…(-_-;)」と思いながら、
私はまず、最近の自分自身を、反省しました。



波長の低い霊さんに、憑いてこられたということは、
私自身も、同じ波長になっているということです。

その方が抱える痛みと、同じような痛みを、私も、抱えているということです。

そして、その方に離れて頂く、一番いい方法は、
「一緒に光を取り戻す」ことだと、私は信じています。

「除霊」ではなく、「浄霊」をして差し上げることが、
ヒーラーとして生きている私が、するべき行為だと、信じています。

つまり、その方を通して気づいた、私の中にある痛みを癒すことで、
その方も自分自身を癒し、

光を取り戻され、

光の世界へと、帰っていくことができるのですね…^^。

自分がお手本を見せてあげるというか、

私自身が、自分を癒す姿を、見せることで、
「あなたも、自分の中にある光を思い出してね^^」と、その方の持つ力を、信じてあげ、
結果、自分自身で、光へと帰っていかれるんです。



その方の場合だと、

「ずっとそこで、待ってなくてもいいんだよ。

 来てくれないことを、ずっと恨んで、寂しさを募らせていなくて、いいんだよ^^。

 自分が光であることを、思い出してみて。

 そしたら、自由になれるよ。

 そして、自分が会いたい人のところへ、自分から行ってごらん^^。

 与えられるのを待っていないで、自分から愛を発揮してごらん。

 きっと、色々なことが分かるよ」

と、そんな感じでしょうか…。



そんなことを、話しかけながら…、
でも、それを、当の私自身が実践できていないから、その方と同調してしまったわけで…(^_^;)。



やはり、その日の夜、

私にも、そんなことを改めて気づかせてくれる、大きな出来事がありました…。


肉眼で確認できるほど、大きなエネルギーを出している霊さんだっただけに、

その影響力は、やはり大きく、
久しぶりに経験した、とてもとても痛い経験だったけど…、


でも、その出来事を通して、私も、自分の中の光を、また一つ、取り戻すことができ、
そして、次の日にも、また、もう一つ(>_<)、大きな出来事を経験し、気づきと反省の涙を流し、
そんな私の姿から、その方にも、何かに気づいて頂けたのでしょう…、
やっと、私から離れていかれました…。



あの「誰か」さん…^^、
一緒に学ばせて頂いて、どうもありがとうございました。

あなたが、そばにいることを感じていたから、
自分のためだけではないと、思えたから、
私は、自分を変える、とっても大きな勇気を出すことができました…!

ご縁をいただいて、ありがとうございました。
あなたのお幸せを…、心から願います…。



あんなにも待っていた、大好きな人に、逢えてるといいなあ〜♪



ちなみに、こういう癒し方というのは、自分自身の波長が落ちている時、特有の経験です(^_^;)。

私は、時々、霊さんに憑かれますが、

そういう時に、まずするのは「反省」(笑)。

「波長が落ちる」時というのは、無意識のうちに、本来の自分自身に嘘をつき、素直に生きれていない時がほとんどですので、
とにかく、自分自身のたましいの温かみに、素直に生きることを心がけます。

よく、「霊に憑かれて、悪いことが起きた」なんていう話がありますが、
実は、「自分の中にあった、いまだ癒されていない傷を癒すために、同じ傷を持つ霊が憑いて、そこをさらに極端にし、それを現実に出してくれ、一緒に浄化するチャンスをくれた」と考える方が、自然なんですね。


なんかこれって、「同種の法則」、ホメオパシーにも、とってもよく似ていますね^^。



でも、こうやって書くと、

亡くなった方の霊を助けてあげるには、なにか、自分に憑依させるのが一番のように思ってしまいがちですが、
もちろん、自分の波長が高くても、亡くなった方の霊を、癒すことはできます。

波長が高い時というのは、波長の低い霊さんに出会っても、相手の影響を受けるのではなく、自分の方が影響を与えてあげられる…、


自分が発している光によって、その方の光を、思い出させてあげることができたりします。


つまり、自分の波長を高くし、それを保つことは、

目に見えない霊さんの幸福にも、貢献しているということなんですね♪


何ていうんだろう…、

例えるなら、素敵な人のコンサートを見に行って、見てただけで、自分も影響を受けて、エネルギーを頂いて、元気になるような…、そんな感じっていうのかな…?
あるいは、テレビで、とても素敵な生き方をしている方を拝見して、その方のお姿を通して、自分も、自分の中にある素敵な何かに気づいて、元気になるっていうのかな…^^。

波長を落として、誰かと一緒に学ぶのも、それはそれで有意義な経験ですが(笑)、
でも、こういうのって周りを巻き込んで、派手な出来事にしてしまうケースが、とても多いので(^_^;)、
やっぱりなるべくなら、高い波長で、温かな光で、自然に周りを癒せる私で、あり続けたいなあ…。

来年も、目に見える方も、目に見えない方も、すべての方が、この上なく幸福でありますように。

今年も1年、本当にありがとうございました^^!

 

Sponsored Link
コメント
コメントする








   

profile

プロフィール画像

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

Sponsored Link

recommend

recommend

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM