お盆

こんにちは^^。hitomiです。

 

先日、次男の幼稚園で「みたままつり」という、お盆の行事がありました。

 

私はずっと地方で育ったので、お盆というと「8月15日前後」という感覚だったのですが、

東京の方は「7月15日」辺りなんですね。

 

どうやら、本来は7月だったのが、農家などはまだまだ忙しい時期に当たることから、お盆を1ヶ月ずらしたため、

都市部と地方でお盆の時期が分かれてしまった、という説があるようです。

 

次男の幼稚園は、仏教系なので、かなり本格的な行事でした。

 

夕方、日暮れ頃から始まり、ホールに祭壇を飾り、ご先祖様を呼ぶ儀式をし、

「ご先祖様、私たちのお遊戯を見てください^^」とご先祖様に語りかけ、園児たちがお遊戯を披露する…。

 

すっかり暗くなった園庭で、親子で輪になってダンスをし、

最後に、ろうそくを灯した提灯を持って、お寺まで行列をする…。

 

私も初めて参加した行事だったので、勝手が分からないながらも、

「へえ〜、面白いなぁ〜」と思いながら、皆さんと一緒に行事を楽しみました。

 

ただ、「これ、大丈夫かなぁ〜…」と、ちょっと不安感がありました。

やっている内容すべて、いわゆる大きな「降霊会」とでも言うんでしょうか。

自分たちにまつわるご先祖様だけが集まればいいですが、そううまくいくのかな…と…(^_^;)。

次男も、暗い園庭に出た時から「帰りたい」「もう帰りたい」と、何か不安定になっていたし…。

 

すべてが終わって、お寺やお墓を抜け、夜の闇の中を自転車で帰りながら、何かちょっとイヤな感じもしましたが、

なにしろまだ年少さんの次男と一緒だったので、そちらへ意識が向きっぱなしだったこともあり、

「楽しかったね〜^^!」と言いながら、

息子と二人、キャッキャと家へ帰りました。

 

 

さて、その夜、次男が寝入ってすぐです。

次男が、ガタガタと震えだしました。

 

「あれ?熱が出るのかな?…それにしても、震えるなんて珍しいけど…」と思いながら、

寄り添って様子を見ていたところ、

やはり、グングンと熱が上がり始めました。

あっという間に40度くらいまで上がり、ガタガタガタガタ震え続けています。

 

熱だけならまだしも、あまりにガタガタ震えているので、私もだんだんと不安になり、

「これは、救急にでも…?」と思い始めた頃、

突然、次男が「うわー!」「うわー!」と、目を閉じたまま叫び始めました!

 

驚いて抱きしめる私の腕の中で暴れまくり、「くらいの、こわいー!」「かえりたいー!」と、目を閉じたまま、必死で叫んでいます。

 

あ〜、よほど暗闇が怖かったのかなぁ〜、夜泣きかなぁ〜…と思って、

「大丈夫だよ。もうおうちに帰ってきたし、ママもいるから大丈夫だよ」と話しかけるのですが、

それでもまったく落ち着くことなく、「うわー!うわー!こわいー!かえりたいー!」と、半狂乱で、大声で泣き叫び続けます。

 

まるで狂ったかのよう、あまりの剣幕に、熱で頭がおかしくなったのか…と思いながらも、

やっと、気づきました。

 

あ、この子、憑依されてるかも…。

 

そう思った瞬間、次男がいきなりムクッと起き上がりました。

そして、カッと目を開き、でも、何か焦点の合わない、ものすごくおびえた目をして、

「むらが〜!!!」

 

…むら…(^_^;)??

 

続いて、「ピアノ〜!!!」「いぬが〜!!!!」

 

わんわん、わんわん…、とか、訳の分からないことを、暗闇の中で妙に光る焦点の合わない目をしたまま、叫び続け、

しかも、私の後ろの方の空間に何かがいるようで、そこを見つめたまま怯えに怯え

(私の目には何も見えなかったけど、確かに何かがいるのは感じました)、

最後には、腕を突き出して「いやだ〜!!!!」と叫んで、その勢いで吐いてしまいました。

 

吐いた衝撃で少し我に返り、

寝室を出て、洗面で吐しゃ物を処理したりするうちに、少しずつ落ち着いてきた次男…。

 

でも、「きょうはここでねたい。おふとんのへや、いやだ」というので、

そのままリビングで寝ることに…。

 

その後も、私にしがみついたまま、震えたりうなされたりしていましたが、

私ももう「憑依」だと分かったので、そこからは浄霊作業に入り、いつもの女神さまや祖母の霊にも手伝ってもらって、無事すべての方に光へと帰っていただきました。

結構、ゾロゾロと、いた感じでした…(^_^;)。

 

誰かにすがりたい…、寂しい…、そんな霊さんたちでした。

 

私たちに憑くことで、結果、光へと帰ることができたなら、

お役に立てて、まあ良かったのですが、

いやはや、おかげで私は極度の寝不足(笑)。

 

おもしろいもので、やはり霊が出てくるのって、草木も眠る丑三つ時…、

午前2時頃が多いです。

今回、次男が叫び始めたのも2時頃、浄霊がすべて終わって、次男の熱もすっかり下がり、スヤスヤと眠り始めたのが3時頃でした…。

 

 

お盆って…、あちらこちらでご先祖様の霊をお迎えしますね。

 

自宅の仏壇に関係のない霊が来ることは、まずないと思うのですが、

やはり、大人数で行うような派手な行事は、霊たちの目にも止まりやすく、集まってきやすいです

(…というより、無意識にでも、集めようとしているんですよね…(^_^;))。

 

例えば、大勢で輪になって延々同じ動きを繰り返す「盆踊り」も、霊を集める効果があります。

「ご先祖様も一緒に踊ってください〜」「みんなで踊りましょう〜」といった感じ…。

 

 

私も今回、どんな行事なのか知らなかったとはいえ、あまりに無防備に「みたままつり」に参加してしまったな〜と、反省しきり。

 

日頃から霊的に敏感だと感じている方は(人混みが苦手とか、お祭りに行くと疲れるとか)、

こういった、夜に行われる宗教的な行事に参加する時には、意識して気持ちを引き締め、

自分から先に、その場所に集まっているであろうすべての霊の浄化を祈る…、

つまり、「一緒に楽しみましょう^^」と自分から先に愛を差し出し、

さらに、その場を去る時には、「ありがとうございました」「これ以上私についてきても、私には何もできませんからね^^」「さようなら」と、きちんと挨拶し、

家へ帰ったら、念のため、塩で玄関を清める、お風呂にお塩を入れるなど、自分を守るアクションをすると、良いかもしれませんね^^。

 

私と次男も、まだあと2年「みたままつり」に参加することになるので、

来年は、ぜひ気を引き締めて(笑)参加したいと思います!

 

この世とあの世が近くなる夏の時期…、

お互いにイヤな思いをすることなく、気持ちよく、

ご先祖様たちとのあたたかな交流を楽しみたいですね…♪

 

Sponsored Link

ざしきわらし

こんにちは^^。hitomiです。

 
先日、久しぶりに、霊さんを見ました。

 
朝、ふと目覚めて、トイレに起きた私。

トイレにいると、寝室の方で少し物音がして、
廊下に誰かいる気配…?

下の2歳くんが起きてしまったかな?と思って、
「R?」と声をかけてみたけど、返事なし。

「あれー?」と思いながら、トイレのドアを開けた瞬間、

私の目の前を、ササッと、
水色のような服を着た小さな影が、
なんだか楽しそうに走って、奥の部屋へ入っていきました。

若干、存在感が薄いような気はしたけど、
私も寝起きだったので、ぼやけてるのかな?ぐらいの感じで。

それに、うちの子も、ちょうど同じような色合いのパジャマを持っているもので
(でも、考えてみると、その日はそのパジャマではなかったのですが)、
てっきり、我が子だと思って、
「R〜^^?起きたの〜??」と、追いかけて部屋へ入ってみたら…、


「あれ?いない…」

 
いや、ぼやけてはいたけど、
確かに見えたんだけど…??

 
霊さんを見るのは初めてではないけど、
やっぱり、そうと気づいた瞬間は、ゾゾッとしますね(^_^;)。

 
「え〜??」と思って、改めて寝室をのぞいてみると、
うちの子、ちゃんとお布団で、
さっきの姿勢のまま、寝てました…。
 

いや〜…、久しぶりに拝見しました!
 
子供の霊さんにお会いしたのは、初めてです。

 
実は、我が家の1Fには、2年前に越してきた時から、たびたび何かの気配は感じていました。

でも、全然イヤな感じのするものではなくて、
この家を購入する前の内見時には、1階を拝見しながら、「あの…、何かペットを飼っていらっしゃるんですか…?」と聞いたほど(笑)。

「いいえ!?」と、すごく不審がられたんですが(^_^;)、
でも、何か動物が住んでいるような気配が、どうも消えなくて…、
いつも、不思議だったんですよね。

 
今回遭遇させていただいて、
なるほど〜^^、と思いました。

子供の霊って、すっごくピュアなんですね。

何か動物や植物の自然霊に近いというか、人間ぽい思念がなくて、

なんていうか、「天使」のような軽やかで明るいエネルギー…♪


この子は、茶目っ気もある感じ^^。

 
そして、この家に以前からずっといた感じだし、
これがいわゆる、「ざしきわらし」と呼ばれているエネルギーなのかな…?と思いました。

 
日本では、「ざしきわらし」と呼ばれている、精霊の一種…、

「ざしきわらしがいる家は繁栄する」

なんていう言い伝えもあるそうですが、

なるほど^^、
こんなピュアなエネルギーさんが、この場所を選んでくださったと思うと、とても嬉しいですね…^^。


 
それにしても、霊って何か、「夜に」目撃するもののような気がしませんか…?
私は、自分が実際に見るまで、ずっとそう思っていました。

でも、最初に遭遇したのは、確かに真っ暗闇の中だったのですが、
私の場合、2度目以降は、いつも明るい場所。

 
明るい精霊とはいえ、我が家に子供の霊がいるなんて、長男に話したら、怖がりそうなので、秘密にしておきますが^^、

うちに子供がもう一人いるみたいで、なんだか可愛い♪
 
これからも、ざしきわらしさんにとって、居心地の良い我が家でありますように…♪
 
Sponsored Link

祖母の言葉

こんにちは。hitomiです^^。

先日、私の祖母が亡くなったことはお伝えしましたが、


なにしろ、霊的な能力がとても高かった祖母…、


そして、霊的な能力が高い者が多い親族…、


…というわけで、祖母が亡くなる前も、亡くなった後も、
相変わらず、スピリチュアルな現象には事欠かなかった、私たち一族です(笑)。

憑依、金縛りといった大きなものから、小さなものまで、

具体的な現象を挙げると、キリがないぐらいなのですが、


今回は特に、私の息子たちや夫まで(!)、祖母の霊との触れ合いが色々と起こり、
おばあちゃんの力の大きさを、改めて感じました。

それに、祖母にはたーくさんの親族がいて、

孫も9人、ひ孫は15人もいるのに、私たち家族のところにも、ちゃんと遊びに来てくれて、
本当に、気遣いの人だった祖母らしいなぁ、嬉しいことだなぁと、家族で話したりしました^^。



 ↑
お葬式の日から、もう2週間も経つのに、いただいてきたお花たちは、まだこんなに生き生き!
こんなところも、「さすがおばあちゃん!」と思わずにはいられない(笑)♪



生きておられた時より、亡くなられた後の方が、私はその方をより身近に感じます。


たましいは自由だからですね…♪



私が、強く心に残っている、

 

「困った時は、人ではなく、神様を頼れ」

 

という祖母の言葉…。



そして、一族の中でも一番の憑依体質である従妹が、一番強く心に残っているという、


「嫌いな人もいる。でも、どんな人も粗末にしてはなんねぇ」という言葉…。



これらの言葉を胸に、いつ祖母に見られても恥ずかしくない活動を、これからも心がけていきたいです。

 

Sponsored Link

憑依と浄霊

おはようございます。hitomiです^^。

先日、私は久しぶりに、霊さんを「見」させていただきました。

私は、亡くなった方の霊を感じることは、多々あるのですが、
「目撃」したのは、

そうですね…、過去2度ほど、かなあ…?

今回が、多分、3度目。
拝見するのは、なぜかいつも男性で、今回もやはり「男性」でした。

夕暮れ時、車の運転をしていたら、

通りすがりの道の脇に、黒っぽいお姿が見えました。


絶対に、人が立っているような場所ではなかったので、明らかに、霊さんだと分かりました。


そこには、「事故多発地点!注意!」の看板が立っており、
「ああ、事故で亡くなった方なのかな…」と思い、


私に伝わってきた想念によりますと、

どうやら、ずっとそこに立って、誰かを待ち続けているようです。

その時は、息子とおしゃべりをしていたこともあり、
「久しぶりに、霊さんを見たなあ…」ぐらいの感覚で、通り過ぎたのですが、


家に帰ってからの、自分の様子を感じるに…、
どうやら、憑いてこられたようです…(^_^;)。



亡くなった方の霊が、憑いておられるときというのは…、


まず、私の場合は、体が妙に震えます。


寒い…というのとは、ちょっと違うような…、
例えるなら、「ヤクが切れた」ような感じというのでしょうか…(笑)。


また、頭が変にボーっとして、常にクラクラと眩暈がし、


変な食欲がある。


お酒を妙に飲みたかったり、ご飯を「ガツガツ」といったような風に、食べてしまったり…。

なんか変だな、変だな、と思ううちに、
「あ、これ、もしかして…!」と、やっと、自分が憑かれていることに気づき、


「ありゃりゃ〜。あの人、憑いてこられましたか…(-_-;)」と思いながら、
私はまず、最近の自分自身を、反省しました。



波長の低い霊さんに、憑いてこられたということは、
私自身も、同じ波長になっているということです。

その方が抱える痛みと、同じような痛みを、私も、抱えているということです。

そして、その方に離れて頂く、一番いい方法は、
「一緒に光を取り戻す」ことだと、私は信じています。

「除霊」ではなく、「浄霊」をして差し上げることが、
ヒーラーとして生きている私が、するべき行為だと、信じています。

つまり、その方を通して気づいた、私の中にある痛みを癒すことで、
その方も自分自身を癒し、

光を取り戻され、

光の世界へと、帰っていくことができるのですね…^^。

自分がお手本を見せてあげるというか、

私自身が、自分を癒す姿を、見せることで、
「あなたも、自分の中にある光を思い出してね^^」と、その方の持つ力を、信じてあげ、
結果、自分自身で、光へと帰っていかれるんです。



その方の場合だと、

「ずっとそこで、待ってなくてもいいんだよ。

 来てくれないことを、ずっと恨んで、寂しさを募らせていなくて、いいんだよ^^。

 自分が光であることを、思い出してみて。

 そしたら、自由になれるよ。

 そして、自分が会いたい人のところへ、自分から行ってごらん^^。

 与えられるのを待っていないで、自分から愛を発揮してごらん。

 きっと、色々なことが分かるよ」

と、そんな感じでしょうか…。



そんなことを、話しかけながら…、
でも、それを、当の私自身が実践できていないから、その方と同調してしまったわけで…(^_^;)。



やはり、その日の夜、

私にも、そんなことを改めて気づかせてくれる、大きな出来事がありました…。


肉眼で確認できるほど、大きなエネルギーを出している霊さんだっただけに、

その影響力は、やはり大きく、
久しぶりに経験した、とてもとても痛い経験だったけど…、


でも、その出来事を通して、私も、自分の中の光を、また一つ、取り戻すことができ、
そして、次の日にも、また、もう一つ(>_<)、大きな出来事を経験し、気づきと反省の涙を流し、
そんな私の姿から、その方にも、何かに気づいて頂けたのでしょう…、
やっと、私から離れていかれました…。



あの「誰か」さん…^^、
一緒に学ばせて頂いて、どうもありがとうございました。

あなたが、そばにいることを感じていたから、
自分のためだけではないと、思えたから、
私は、自分を変える、とっても大きな勇気を出すことができました…!

ご縁をいただいて、ありがとうございました。
あなたのお幸せを…、心から願います…。



あんなにも待っていた、大好きな人に、逢えてるといいなあ〜♪



ちなみに、こういう癒し方というのは、自分自身の波長が落ちている時、特有の経験です(^_^;)。

私は、時々、霊さんに憑かれますが、

そういう時に、まずするのは「反省」(笑)。

「波長が落ちる」時というのは、無意識のうちに、本来の自分自身に嘘をつき、素直に生きれていない時がほとんどですので、
とにかく、自分自身のたましいの温かみに、素直に生きることを心がけます。

よく、「霊に憑かれて、悪いことが起きた」なんていう話がありますが、
実は、「自分の中にあった、いまだ癒されていない傷を癒すために、同じ傷を持つ霊が憑いて、そこをさらに極端にし、それを現実に出してくれ、一緒に浄化するチャンスをくれた」と考える方が、自然なんですね。


なんかこれって、「同種の法則」、ホメオパシーにも、とってもよく似ていますね^^。



でも、こうやって書くと、

亡くなった方の霊を助けてあげるには、なにか、自分に憑依させるのが一番のように思ってしまいがちですが、
もちろん、自分の波長が高くても、亡くなった方の霊を、癒すことはできます。

波長が高い時というのは、波長の低い霊さんに出会っても、相手の影響を受けるのではなく、自分の方が影響を与えてあげられる…、


自分が発している光によって、その方の光を、思い出させてあげることができたりします。


つまり、自分の波長を高くし、それを保つことは、

目に見えない霊さんの幸福にも、貢献しているということなんですね♪


何ていうんだろう…、

例えるなら、素敵な人のコンサートを見に行って、見てただけで、自分も影響を受けて、エネルギーを頂いて、元気になるような…、そんな感じっていうのかな…?
あるいは、テレビで、とても素敵な生き方をしている方を拝見して、その方のお姿を通して、自分も、自分の中にある素敵な何かに気づいて、元気になるっていうのかな…^^。

波長を落として、誰かと一緒に学ぶのも、それはそれで有意義な経験ですが(笑)、
でも、こういうのって周りを巻き込んで、派手な出来事にしてしまうケースが、とても多いので(^_^;)、
やっぱりなるべくなら、高い波長で、温かな光で、自然に周りを癒せる私で、あり続けたいなあ…。

来年も、目に見える方も、目に見えない方も、すべての方が、この上なく幸福でありますように。

今年も1年、本当にありがとうございました^^!

 

Sponsored Link

霊媒

こんにちは^^。hitomiです。

先日、私は、福島の祖父の七回忌のため、福島県の飯館村に行ってきました。

避難指示の続いている、飯館村…。

 

村の様子などは、なんとも、ひと言では言い表せませんが…、


とにかく、いまだ強制避難地域のため、

お寺や家屋など、つまり、建物の中には入れないとのことで、
青空の下、お墓の前にみんなで並んで、七回忌の法要が行われました。

そこで…、やはり、我が家の家系らしいことが、起きました(^_^;)。

以前、「真理への道と霊感」の記事にも書かせていただいた、霊媒体質のNちゃんに、

祖父、曾祖父、曾祖母の霊が、とりついたんです。

まだお坊さんが来られる前、みんなでお墓の周りを整えていた時、
墓石の前で、お花をいけていたNちゃんが、突然、ふらっと倒れました。

そして、Nちゃんの体を支えた、叔母にしがみつきながら、
Nちゃんは泣きじゃくり、

「みんなに会いたかった…!みんなに会いたかった・・!」と、何度も繰り返すんです。

すぐに、叔母が、「おばあちゃん、お経を唱えて!」と、祖母を呼び、
痴呆気味の祖母なのに、こういう時はしっかりしたもんで(笑)、
Nちゃんのそばで、とり付いている霊に話しかけたところ、

やはりそれは、祖父の霊でした。

「みんなに会いたかった…!みんなに会いたかった…!」と、

泣いて喜ぶ祖父の言葉に、周りの一同も、涙…。

死者の言葉を伝えてくれる「霊媒」って、本当にありがたい存在だと思いました…。

もちろん、当の本人は、しんどいのですが。



その後、曾祖父、曾祖母の言葉なども聞き届け、

一段落したところで、祖母が、とり憑いていた霊を祓うと、

Nちゃんは、普通の状態に戻りました。



青ざめ、ふらつくNちゃんを気遣い、

Nちゃんのご両親は、Nちゃんを、ちょっと離れたところで、休ませてあげています。


Nちゃんの婚約者の彼も、付き添い(…というか、この彼も、かなりの霊媒体質のようで、Nちゃんと一緒に青ざめてました)、2人で休んでいましたが…、


きっと皆さん、こういう時って、どうしていいのか、分からないのでしょうね…、
Nちゃんに、何の言葉をかけるでもなく、遠巻きに眺めています。

まあ、「ああ、まただ」と、落ち着き払っている親族とは違い、
ここの家系が、こういう家系だと知らず、

こういう場面に初めて遭遇した、従姉妹の旦那さんや彼たちが、固まっていたのは仕方がないとしても(笑)、


Nちゃんの体を通じて伝えられた、祖父の言葉に涙しながらも、

「これは、どこまで現実なんだろうね」、などと言いながら、

半信半疑でいる方たちが、遠巻きにヒソヒソと話しているのを聞きながら、
私は、いたたまれなくなって、

勇気を出して、Nちゃんに話しかけに行きました。

「大丈夫…^^?しんどかったね」
「でも、おじいちゃんの言葉を伝えてくれて、私はとっても嬉しかったよ。

 みんなも、とても喜んでいたよ。どうもありがとう^^」と…。



自分のスピリチュアルな力が発揮された時に、
遠巻きに眺められることほど、辛いことはないんですよね…。

もちろん、半信半疑の人がいてもいいし、

信じられないなら、信じられないでもいいし、
無理して、ありがたがる必要はないし、

批判的な人がいるのは、もちろんだし、


でも、もしも、その方の能力で、自分の心が感動し、

喜びを感じたなら、


あるいは、基本的には半信半疑でも、

でも、その時には確かに、喜びを感じたなら、


その喜びだけにでも、ちゃんと「ありがとう」を伝えてくれると、
こういう能力を持つ人は、とっても救われます…♪

一人でも、そういう人がいると、とっても救われます。



私は、基本的に、Nちゃんのように、完全に体を明け渡すタイプではなく、

自分の意識も残っているタイプなので、常に選択権があり、

そのために、いつもとても迷います。


故人からだけではなく、天から頂くメッセージにしても、同じように迷います。

「自分が傷つきたくない」という弱さが、どうしても拭いきれないから…。

結果、臆病な私は、たいていの場合、自分の胸にしまい込んでしまうのですが、


しまい込んだことを、後悔しているケースもあったり、


でも、伝えたことを、後悔しているケースもあったり…。


そしてもちろん、数少ないけど、ちゃんと伝えて良かったと、思えるケースもあったり…。


割と最近も、散々迷った挙句に、故人の言葉を良かれと思って伝えて、

とても気まずい思いをしたことがあるのですが…。


その時は、またすごく後悔し、

「もう二度と、故人の言葉を伝えるのはやめよう!」と、心に誓ったのですが…。


でも、故人が、この世にメッセージを伝えてくるのは、

きっと、とっても大変なことだと思うし…。


それだけ大変な思いをして、伝えてこられた言葉を、

伝えたい相手へ伝えないのは、それはそれで苦しいし、申し訳ないような気もするし…。


今回の件を通して、また、私の心に迷いが生まれ始めました。



なんというか…、
特に、故人の方からのメッセージの場合、
その方が、当人にとって大切な方であればあるほど、

「なぜ、私に直接メッセージをくれないのだろう?」

「なぜ、私ではなくて、この人を通してなんだろう?」と、

そういった複雑な気持ちが、まず、湧き起ってしまうようなんですね。

でも、これもまた、いつか天の方が仰ったように、きっと私のコミュニケーション能力の問題…、


私の人格を向上させる努力と共に、日々勉強ですね…^^。



とにかく、おじいちゃんとNちゃん…、

 

メッセージを、どうもありがとう♪


私たち親族が集まったことを、あんなにも喜んでくれて、ありがとう。

法要の間、何度か私も、おじいちゃんの気配を、背中に感じました。


私も、おじいちゃんに会えて、嬉しかったよ^^!

 

Sponsored Link
| 1/3PAGES | >>

profile

プロフィール画像

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

Sponsored Link

recommend

recommend

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM