亡くなった赤ちゃんのたましい

こんにちは^^。hitomiです。

 

最近、幼くして亡くなった赤ちゃんの霊に、よくご縁をいただきます。

 

 

まだ幼い赤ちゃんが亡くなってしまう…、

 

とても悲しいことですが、結構、ありますね。

 

 

生まれて間もなくして、亡くなった赤ちゃん。

 

あるいは、この世に生まれ出ることなく、亡くなった赤ちゃん。

 

 

理由も、さまざまです。

 

 

私の周りにも、

お腹の中で育ち切ることができず、思いがけず、今回のご縁が流れてしまわれた方、

 

3人目の赤ちゃんを授かり、でも、経済的な理由やご夫婦の年齢など様々な理由で、泣く泣く産むことを諦めた方、

 

授かったものの、出生前の検査でどうやらハンディキャップのある可能性が高いことが判明し、悩みに悩んだ挙句、産むことを諦めた方、

 

無事に産まれてくれた喜びもつかの間、たった8ヶ月で、突然の病気でお嬢さんを亡くされた方…、

 

などなど、いらっしゃいます。

 

 

我が子が幼くしてその命を亡くした時…、

多くのお母さん方は、ご自分を責めがちなように思います。

 

中絶を決断した自分を責めたり…、

自分がもっと注意していれば、この子は死ななくて済んだのではないかと、自分を責めたり…、

亡くなったお子さんに対して、「申し訳ない」と思いながら、生きておられる方が多いようです。

 

考えると辛いから、なるべく考えたくない、人にも言いたくないと、一人で抱え込む方もおられます。

 

 

でも、亡くなった赤ちゃんたち…、

彼らもやはり、「愛」の存在です…♪

 

短い時間ではあったけど、その出会いもやはり、

「必然」であり、「愛」でした。

 

とてもとても温かな愛で、お母さんや家族のもとへ訪れてくれた、可愛い天使たちなんですね…♪

 

 

彼らは、「申し訳なかった」と自分を責め続けるお母さんたちに、とても悲しい思いを抱いています。

 

自分との出会いが、誰かを傷つけ続けている…、苦しめ続けている…、と知ることは、とても悲しいことです。

 

自分はただ、「愛」を伝えたくて、訪れたのに…。

 

 

どんな出会いにも言えることですが、

ポイントは、「罪悪感」ではなく、「感謝」の気持ちを持つことでしょう。

 

一緒にいた時間は短かったかもしれないけど、

そのお子さんが与えてくれた「愛」が、必ず、あるはずなんですね。

 

「その子が来てくれたおかげで」得たあたたかさ、

「その子が来てくれたおかげで」気づけたあたたかさ、

 

…必ずあるはず…^^。

 

例えば、3人目の子の中絶を決断した場合なら、

その子が今回、この世に生まれることを諦めてくれたおかげで、先に生まれた2人の子を、精神的にも肉体的にも経済的にも、余裕を持って育てることができたとか、

自分の人生をより善く生きることができ、よりたくさんの人の幸せに貢献できたとか、

その子のおかげで得たあたたかさが、きっとあるはずです。

 

生まれてすぐに亡くなった場合でも、

例え短い期間でも、その子と過ごした中で、たーくさんのあたたかさや、気づきをもらい、お母さんを始め、周りの方々の人間的な成長に繋がる何かが、きっとあったはず…。

早くに子供を亡くしたからこそ知ること、大切にできることも、きっとたくさんあるでしょう。

 

かけがえのない「経験」を、必ず、いただいたはずです。

 

そんな風に、その子が与えてくれた「愛」を感じ、

そのことへの「感謝」の気持ちをもって、笑顔で前向きに生きていく…、

そんな生き方が、幼くして亡くなった子供たちを、とても喜ばせますよ…♪

 

肉体があろうとなかろうと、子供はお母さんの笑顔が大好き^^。

 

 

そして時々は、思い出話を、してあげてください。

分かち合う相手がいない、あるいはまだ誰かと分かち合うご心境でないなら、

ご自分の心の中で、時々、あたたかく思い出してあげてください。

 

「水子の祟り」なんていうものをもたらす、おどろおどろしい存在では、決してありませんよ^^。

 

祟るとすれば、それは、ご自身を責めるマイナスの気持ちが、引き寄せるのです。

 

「こんな私が幸せになってはいけない」と、ご自分を罰する気持ちが、幸福を遠ざけるのです。

 

 

子供は、いつだって親の幸せを、心から願っています。

小さな天使たちは、いつだって親を許しています。

 

だから、

「申し訳ない」と思いながら生きるのではなく、

「ありがとう」と感謝しながら生きていく…。

 

「ゴメンね…」という思いを持ちつつも、そこで止まるのではなく、

その先にある「ありがとう」を、あたたかく感じていく…。

 

 

お母さんのために、家族のために、誰かのために、今回自分の場所を譲ってくれた優しい子供たち…、

 

短くてもインパクトのある出会いを持ち込むことで、お母さんを始めとする、愛する人々に経験や成長をしてほしいと、

この世に生まれ出ることにこだわらず、愛を届けるためにだけに宿ってくれた、勇気ある子供たち…、

 

みんな本当に本当にピュアで、心からお母さんを愛していて…、

 

幼くして亡くなったお子さんたちの霊に触れる時、私は、その純粋で大きな愛に、いつでも涙が溢れるのです…。

 

ありがとう。

 

Sponsored Link

「敏感な子供」の子供

こんにちは^^。hitomiです。

 

現在2歳の次男が、長男も通った幼児教室へ通い始めて、半年になります。

 

この幼児教室は母子分離で、長男はお友達も一緒だった上に、教室でやる内容が大好きだったこともあり、すぐに離れることができたのですが、

もちろん、すぐには離れられない子も結構いて、

うちの次男も、どうやらそのタイプ。

 

離れると大泣きするもので、

私も毎回、一緒に教室に入っているのですが、

 

しかし、もう半年…(-_-;)。

 

5人中3人の泣いていたお子さんたちも、どんどん独り立ちしていき、

いまだに一緒にお部屋に入っているのは、うちだけ…。

 

今までの最高記録が、夏前までだったと聞いていたので、

どうやらうちが、最高記録更新中…(^_^;)?

 

今日も、途中で私が出ようとしたら、涙目になって、「ぼく、ないちゃう」と言う次男…。

 

私なんかは、もう絶対甘えて言ってる!と思うのですが、

でも、「泣いてもいいから、お母さんは出てください」という方針ではないようで、先生も

「じゃあ、やっぱりママにいてもらおうか^^」

 

「お母さん、大丈夫、ゆっくりでいいですよ^^」

とは、仰ってくださるのですが…。

 

はぁ〜…と、毎度ため息です。

 

 

「あんまり興味がないからかなぁ…」

「お兄ちゃんがやってたからというだけで、入れたのが良くなかったかなぁ…」

 

「いずれ楽しくなる時が、本当にくるんだろうか」

 

「あー、もう辞めさせたい…(T_T)」

 

もうここ1ヶ月ほど、教室に連れて行くのが本当に憂鬱で、

先ほど、私の母に愚痴ったところ、

母が、こんな言葉をかけてくれました。

 

 

「親も根気、根気!親子で頑張って^^!」

 

 

その言葉を聞いて、ふと思い出しました。

 

 

そうだったな。

 

そういえば、私も、幼稚園に2年間毎日、泣きながら通ったんだった(笑)。

 

そっか。

考えてみると、この子って私に似てるのかも。

 

 

敏感な子供」っていう記事、私、過去に書いていましたよね!

 

すっかり、忘れていました(笑)。

 

 

そうやって思い出してみると、そうだそうだ、そういえば、この子って私に似てるんだ。

 

次男も、霊的な感受性の強そうな子です。

 

霊的な能力がめっちゃ高かった祖母と、同じ誕生日に生まれた次男。

 

それを裏付けるようなエピソードも、すでに結構もっています。

 

 

そうかぁ〜。

 

あの頃の私が感じていたようなことを、この子も感じているのかな。

 

実は、長男がお世話になっていた時には、教室の中に入ることがなかったので、先生方の表面的なエネルギーしか感じることがありませんでしたが、

一緒に教室に入るようになって、先生方とずっと一緒にいるようになって、私も、色々なことを感じます。

 

とても素敵な先生方ですが、

でも、もちろん人間ですから、いい時ばかりではないし、負の側面もあるし、

女性が二人一緒に働いていることの、複雑なエネルギーも伝わってきます。

 

まだ2歳の次男には、処理しきれないかも…。

 

うん…、そうか。

あの頃の私と同じようなことを、世の大人、世の人々に対して、感じているのかもしれないな…。

 

 

そう気付いたら、なんだか張りつめていた心がほぐれて、とても楽になりました。

 

気づかせてくれた母に、感謝です。

 

 

幼稚園に2年間「毎日」泣きながら通った、伝説の母の息子!

ようし!次男よ!君も、ここの教室の、伝説になるがよい(笑)!!

 

 

しかし、うちの母、改めて、本当に根気よく、私を毎日幼稚園に連れて行ってくれたものだと思います…。

 

 

さあ、私も母のように、

もう少し、根気強く頑張ってみようかな!

 

 

世の「敏感な子供」を持つお母様方も、

根気根気で、一緒に頑張りましょうね^^!

 

Sponsored Link

場所とのご縁

こんにちは^^!hitomiです。

 

昨日、2歳の次男と一緒にテレビを見ていたら、

高千穂の映像が、出てきました。

 

私は、昔からずっと、高千穂に憧れていて、

10年ほど前に、一度だけ行ったことがあるのですが、

その時は、あまりの大雨で、

高千穂峡をチラッと見ただけで、泣く泣く、帰ったことがあるんです。

 

そんなことを思いながら、

「わぁ〜!綺麗だね〜!ママ、ここに行ってみたいんだ〜!」と、言ったところ、

 

次男くんが、私の方を見ながら、

 

「ママ、ここ、まだ待ってるよ^^」

 

って、言ってくれたんです。

 

 

え…?

 

なんだか、素敵なこと言ってくれるなぁ…^^♪

 

 

でも、本当にそうなのかもしれないなと、ふと思いました。

 

 

訪れる場所…、それは、私たちが「行きたい」と思うと同時に、その場所のエネルギーに呼ばれ、私たちの訪れを「待っていて」くださるのかな…♪

 

私はよく、神社仏閣を訪れて参拝する際に、

「今日は、ご縁をいただきまして、ありがとうございます」と、まず挨拶をするのですが、

 

神社だけではなく…、

そういうことなのかも、しれませんネ^^。

 

 

人にしろ、ものにしろ、場所にしろ、

 

「何かと何かがであう時」

「何かと何かが離れる時」

 

というのは、いつだって、

 

「お互いのエネルギーが、満ちた時」…、

 

必然、ですから…^^。

 

 

特に、高千穂は、神様のエネルギーがとても強いと言われている場所…。

 

そのような場所が、私を「待ってくださっている」のかと思うことは、

それだけで何か、とても温かな神様のエネルギーをお分けいただいた気分です。

 

 

きっといつか、高千穂の神様に、再びご縁をいただけますように…♪

 

 

次男くん^^、素敵なメッセージを、ありがとう♡

 

Sponsored Link

いじめられっ子

こんにちは^^!hitomiです。

 

 

現在小学3年生のうちの長男は、なんというか…、

ごく小さい頃から「被害者」になることが、とても多い子です…。

 

「〇〇くんに、こんな悪口を言われた〜」

「〇〇くんに、叩かれた〜」

「〇〇くんが、ぼくの消しゴムを隠した〜」

「〇〇くんは、ぼくのことを嫌いなんだと思う」

「〇〇くんが、ぼくをいじめてくる」

…etc、etc…(-_-;)。

 

何かあると、すぐに泣く子で、

長男が学校から帰ってきたら、「で?今日は、泣かなかったの??」と聞くのが、習慣になっていた時期もありました。

 

 

「やめて!」と言っても、聞いてもらえず、

 

やり返すこともできず、

 

…というか、やり返したいとも思わないという長男。

 

 

もちろん、意地悪なことをしてくる相手が悪いのだけど、

それにしても、うちの子もメソメソし過ぎ!

せめて、自分の身ぐらいは守れるように!と、

心と体を鍛えるために、実戦空手を始めさせたり。

 

空手の効果はめざましく、おかげさまで、ずいぶんタフになってきたはずなのに、

でも今度は、「友だちとのケンカに空手の技を使ったら、道場をやめさせられる」と言って、

どんなにやられても、やっぱり一切、手を出さない長男…(^_^;)。

 

「向こうが先にしかけてきて、自分の身を守るためなら、戦ってもいいんだよ」と、言ってみたりもするのですが、

 

もう、性格なんでしょうね…、

 

「戦う」という選択肢は、彼の中にはどうしても、ないようです。

 

 

しょっちゅう暗い顔をして、学校から帰ってくる長男に、私も、もう本当に、悩んでいました。

 

どうしてあげたら、いいんだろう…。

 

一体、どう伝えたらいいんだろう…。

 

 

もちろん、いじめる方が悪いに決まってます。

 

でも、ひどい時には、親や先生も間に入って、いじめてくるお友達との関係を改善しても、

またしばらくすると、今度は別のお友達から、ターゲットにされてしまう長男。

 

繰り返しますが、

もちろん、いじめの関係においては、いじめる方が悪いというのは、大前提です!

 

この大前提を踏まえたうえで、

 

それでも、勇気をもって、分かち合わせていただくなら、

 

でもやはり、いじめられる側にも、

「学ぶべき何か」が、必ずあるんですね…。

 

 

人間関係というのは、いつも、その方の心にあるものの、映し出しです。

 

そして、「いじめられる」という人間関係が、その方の現実にあるということは、

 

実はその方は、心の中で、

「自分自身をいじめている」ということ…。

 

 

言葉の暴力も含め、

物を投げられたり、叩かれたり、仲間外れにされたり、

ひどい扱いを受けてしまう時、

 

周りの人の態度で、自分がさげすまれていると感じる時、

 

私たちは、実は、自分の内面で、自分を嫌っているのですね…。

 

そんなひどい扱いをされても仕方がないと、

無価値な自分を、受け入れてしまっているんです。

 

 

私は職業柄?すでに、そういった知識はあったのですが、

でも、それを、どう長男に伝えたらいいのか、七転八倒していました。

 

いろんなお話を、長男にしますが、その時は、二人で気持ちが明るくなっても、やはり現実は、なかなか変わらない…。

 

甘やかしてみたり、励ましてみたり、発破をかけてみたり…。

 

「自分を嫌ってしまう」…、そんな長男にしてしまったのは、私の接し方に問題があるのだろうと、自分を責めたり、

「いいお母さん」になろうと、あれこれと自分を変えてみたりするのだけど、

やはり、いつも通りの自分に戻ってしまって、

また、自分を責めたり。

 

長男も、毎日、イヤなことがあるわけではないのですが、

上がったり落ちたり…、1年以上も、あれやこれやと、繰り返していました。

 

長男の暗い顔を見るたびに、私も本当に苦しい…。

 

 

そして、先日もまた、長男がとっても落ち込む出来事があり…、

 

色々とお話をしてみても、イマイチ、手ごたえを感じられなかった私は、

本棚にある姫乃宮亜美さんの本が、なんとなく目につき、一冊、手に取ってみました。

 

「何かヒントになるようなことは、なかったかしら…」と。

 

パラパラっとめくったページに…、

 

ありました!

 

まさに、今の私と長男の悩みにバッチリ当てはまる内容が、書いてあったんです。

 

 

亜美さんは、そんな状況にある方へ向けて、一つのセラピーを、提案しておられました。

 

そのセラピーとは、とっても簡単に言うなら、

自分自身に向けて、

「あなたは大切にされています」

「愛しています」

と伝える…、

 

それだけのものでした。

 

詳細は、亜美さんの著書を実際に読んでいただきたいのですが、

 

でも、まあ、とても簡単…、

 

あまりに簡単すぎて、少し拍子抜けでしたが、

とにかく、すぐにでもできることだったので、藁にもすがる思いで、私は早速、やってみました。

 

 

今回の場合は、当事者が子供なので、本人自身にやらせるというよりは、

まだ幼い子供にとっては、神様にもまさる存在である母親、

である私が、代わりに行いました。

 

 

長男をそっと抱きしめ、

 

頭や体を優しくなでながら、

 

「〇〇くんは、大切にされています」

 

「〇〇くんを、愛しています」

 

と、語りかけます。

 

 

最初は、恥ずかしがっていた長男(笑)。

 

1日に何回か、ことあるごとにそれをやる私に、「また、それか!」「なんか、嘘くさい!」と言う長男(^_^;)。

 

 

でも、めげずに、何度も何度も、私は繰り返しました。

 

繰り返すうちに、長男も、大人しく、されるがままになってきました。

 

 

それと同時に、今度は、癒されたたましいを「引き上げる」必要を感じたので、

 

私は、斎藤一人さんが提唱しておられる「天国言葉」を、息子と一緒に、唱え始めました。

 

正式には、「愛してます。ついてる。嬉しい。楽しい。感謝してます。幸せ。ありがとう。許します」という言葉なのですが、

 

ちょっと覚えづらいし、言いづらいので、

子供でも、楽しく言えるように、

 

「ついてる!嬉しい!楽しい!幸せ!

 感謝してます。許します」

 

と、私流にアレンジして^^。

 

長男も、この言葉をとても気に入ってくれて、

まるでゲームのように、

私が「せーの!」と言うと、一緒に「ついてる!嬉しい!楽しい!幸せ!感謝してます。許します!」と、言ってくれます^^。

 

 

こんな風に、「あなたは大切にされています」「愛しています」のセラピーと、天国言葉を言うことを始めて、3日後…、

 

素晴らしいことが起こりました。

 

 

その日もやはり、長男を悩ませていた友達が、

「おい!空手の技で勝負しようぜ!」と、言ってきたそうです。

(そのお友達は、空手はやってないんですけどね)

 

長男は、「はあ?イヤだよ」と断ったのですが、

 

いつものように、長男の意志は無視され、

 

そのお友達は勝手に、

長男を攻撃し始めたそうです。

 

長男も、空手のおかげで、筋肉もつき、殴られることには慣れてきているので、「まあ、攻撃を受ける練習になるか…」ぐらいの気持ちで、やられ続けていたらしいのですが、

 

そのうちに、エスカレートして、

ついに長男は押し倒され、顔に蹴りを入れられたそうです。

 

 

さすがに痛くて、泣いてしまった長男…。

 

いつもの展開です…。

 

 

でも、ここからの展開が、今までと違いました。

 

 

まず、そのお友達が、謝ってきたそうです。

 

だけど、長男は、泣きながら、「許さない!」と、言ったそうです。

 

これも、かなり珍しいこと。

 

すると、そのお友達が、

今度はなんと土下座をして、

「お願いだから、許してくれ!」と、言ってきたそうです。

 

…土下座…(*_*)??

 

 

そして長男は、その状況に「いいチャンスだ!」と思ったそうで、

 

「あのな、俺はお前のせいで、学校に来たくないと思ったこともあったんだぞ!」

 

「もうこれからは、こんなことはやめてくれよ!」

 

と、初めて、毅然と、言えたそうなんです…!!!

 

 

…(T_T)!!!

 

 

いつも、やられて泣くばかりで、あんなに何も言えなかった子が…(T_T)!

 

 

えらいよ〜!!!

 

 

母は、感動したよ〜…(T_T)!!!

 

 

長男に今までしてきた話の中には、

「ママが解決してあげるんじゃなくて、自分の気持ちを、自分で先生に伝えたり、自分でお友達に伝えたり、

そんな”勇気”を出せるようになるために、こういうことが繰り返し起きているのかもしれないね。

もしそれができるようになったら、きっと〇〇くんは、すごく大きくレベルアップするんだろうけどね!」

というものもあったのですが、

 

それを覚えていたらしい長男が、

「ぼくの人生、きっとこれですごくレベルアップしたよね!!」と、

とても嬉しそうで、誇らしそうで、

私はもう、涙が止まりません…(T_T)。

 

そのお友達も、「分かった」と言ってくれ、

それ以来、本当にいじめてこなくなったそうです。

 

他の、よくちょっかいを出してきていた友達とも、なんだか仲良く遊んでるようだし、

今まで「嫌い」と言っていた友達のことも、「アイツ、案外、おもしろいヤツでさ…」なんて…♪

 

今回の彼も、相変わらず「イヤなヤツ」ではあるそうですが(^_^;)、

とりあえず、うちの長男をターゲットにしてくることは、なくなったそう。

 

 

言葉の力って、本当にすごいなぁ…、

 

「言霊」って、本当なんだなぁ…、

 

と、思います。

 

 

くどくどくどくど、1年にわたって、私がいろんな話を長男にしてきたけど、

もちろん、それらも無駄だったとは思わないけど、

 

でも、シンプルでも、温かな言葉を、3日、息子にかけただけで…、

 

前向きな言葉を、3日、一緒に唱えただけで…、

 


息子が、こんなに変わるなんて…^^。

 

現実が、こんなに変わるなんて…♪

 

 

それ以降、今も毎日のようにセラピーと天国言葉を続けていますが、

本当に、見違えるように、息子が明るくなり、たくましくなり、そして、優しくなってきています。

 

親である私にも、不満をぶつけてきたり、意見してくることが増えましたが(^_^;)、

それもつまり、「健全な自己主張ができるようになった」のだと感じ、とても頼もしいです。

 

長男自身も、それを感じているようで、「あの言葉を言い始めてから毎日、いいことしかない」と、言っています。

 

「ついてる!」と思うことが、私にも長男にも、とても増えました。

 

 

本当に、子供は様々な喜び、学び、奇跡を、親に教えてくれますね…。

 

 

そして、結局、一度もお友達に手を出すことなく、「力」を使うことなく、

「弱いまま」「優しいまま」でお友達を改心させ、自分の人生を取り戻した息子のやり方には、

本当に、大きな気づきをもらいました。

 

 

今まで、「やり返せない」「言い返せない」息子に対して、私は、じれったく、情けなく、思い、

「やり返したいとも思わない」「意味を見いだせない」という息子が、理解不能でしたが、

 

そうではなかったんだ…。

 

これが、この子のやり方だったんだ…。

 

こういう「強さ」も、あるんだ…。

 

いや、ひょっとしたら、これが本当の「強さ」なのではないか…。

 

 

もちろん、いじめの解決法は一つだけではなく、ケースバイケース。

「気づく」べき学びも、人それぞれでしょう。

 

ただ、こんな解決法もあるのだと、

いじめに悩む多くの方の中の、たった一人の方の参考にでもなればと…、

分かち合わせていただきました。

 

 

この世界から、すべての「いじめ」がなくなりますように…。

 

この世界中のみんなが、自分を大切にし、自分を愛しますように…。

 

祈りを込めて…。

 

 

読んでくださった方、ありがとうございます。

 

 

Sponsored Link

祖母の言葉

こんにちは。hitomiです^^。

先日、私の祖母が亡くなったことはお伝えしましたが、


なにしろ、霊的な能力がとても高かった祖母…、


そして、霊的な能力が高い者が多い親族…、


…というわけで、祖母が亡くなる前も、亡くなった後も、
相変わらず、スピリチュアルな現象には事欠かなかった、私たち一族です(笑)。

憑依、金縛りといった大きなものから、小さなものまで、

具体的な現象を挙げると、キリがないぐらいなのですが、


今回は特に、私の息子たちや夫まで(!)、祖母の霊との触れ合いが色々と起こり、
おばあちゃんの力の大きさを、改めて感じました。

それに、祖母にはたーくさんの親族がいて、

孫も9人、ひ孫は15人もいるのに、私たち家族のところにも、ちゃんと遊びに来てくれて、
本当に、気遣いの人だった祖母らしいなぁ、嬉しいことだなぁと、家族で話したりしました^^。



 ↑
お葬式の日から、もう2週間も経つのに、いただいてきたお花たちは、まだこんなに生き生き!
こんなところも、「さすがおばあちゃん!」と思わずにはいられない(笑)♪



生きておられた時より、亡くなられた後の方が、私はその方をより身近に感じます。


たましいは自由だからですね…♪



私が、強く心に残っている、

 

「困った時は、人ではなく、神様を頼れ」

 

という祖母の言葉…。



そして、一族の中でも一番の憑依体質である従妹が、一番強く心に残っているという、


「嫌いな人もいる。でも、どんな人も粗末にしてはなんねぇ」という言葉…。



これらの言葉を胸に、いつ祖母に見られても恥ずかしくない活動を、これからも心がけていきたいです。

 

Sponsored Link
| 1/3PAGES | >>

profile

プロフィール画像

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

Sponsored Link

recommend

recommend

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM