歯医者さんの恐怖

こんにちは。hitomiです^^。

私は、歯の被せ物が取れたのをきっかけに、

ここ何ヶ月か、夫と一緒に、毎週のように、歯医者さんへ通っています。

その歯医者さんは、とにかく急いでいた私が、「うちから一番近い歯医者さんは…!」と思って、見つけた所なのですが、
でも結果的に、家のすぐ近くに、とっても信頼できる歯医者さんが見つかって、本当にラッキー♪

私は、小さい頃から、歯のトラブルが多いものの、人一倍怖がりなもので、
「すべてお任せします!」と、気持ちよく思えるほどの歯医者さんと、ご近所にしてくださった、天の采配には、

改めて、本当に感謝しているところなんです。

ただ…、
そんなに信頼できる歯医者さんで、

しかも、「無痛治療」を心がけていらっしゃるだけあって、麻酔をする時も全然痛くないのに、
なのに、それでも!

麻酔をする時、必ず、私はどうしても、震えてしまうんです…。

私は、本当に小さい頃から、歯医者には、しょっちゅう通っていた記憶があり、
それも、いつも、泣いていた記憶です。

また、結婚前に、その時も、とっても大好きで仲良しになった歯医者さんだったのですが、
でも、4本の親知らずを、1週間おきに、立て続けに抜いたことがあって、
最後の親知らずを抜く時に、麻酔の針を刺そうとすると、体が震えて震えて、止まらなくなったことがありました。

あまりに私が震えるので、先生が、一時中断して下さって、
「こういうときは、甘いものがいい」と言って、キットカットをくださり(笑)、

診察台の上で、キットカットを食べて、心を落ちつけたという、

とんでもない経験の持ち主なんです(^_^;)。

どうも、それ以来、私は麻酔をかけようとすると、体が震える…、
そんな癖が、できてしまったみたいです。

小さい頃の、歯医者さんに対するイヤな記憶が、親知らずを立てつづけに抜いた時のショックで、蘇り、
でも、それが解消されないまま、トラウマとして、私の中に残ってしまったのでしょうね…。

歯の麻酔って、結構、時間がかかりますよね(^_^;)。


針を入れて、しばらくは何ともないのですが、時間が経つにつれて、ブルブルと口が震え始める…。

震えを止めよう止めようと思っても、自分ではどうにもできない…。

麻酔自体は、本当にこれっぽっちも、全然痛くないのに、
でも、震える…。


痛みにではなく、「麻酔をかけている」というその状況に、震えてしまうんです。



もちろん、私が、心から信頼している歯医者さんですので、

そんな私をも、ドーンと受け止めて下さって^^、
「な?身震いするほど、全然痛くないだろ^^??」なんて、冗談を言って下さったりするのですが(笑)、


でも、この癖、ホントどうにかならないかなあ〜…(-_-;)、


なんて思っていた、今日この頃。

「そうだ!レメディを試してみよう!」と、やっと思いつきました(笑)。



歯の治療の恐怖に対する代表的なレメディ、「Acon.」と「Arg-n.」と「Gels.」。

3つを順番に舐めて出かけたところ…、
昨日は、震えませんでした。

自分でも驚くほどに、リラックスしていました。

実は、麻酔をする時には、すでに、レメディを飲んだことなんて忘れていて(笑)、
震えない自分に驚きながら、「あ、そういえばレメディを飲んだから、そのおかげかな?」と、思い出したぐらいなので、
きっと、プラシーボ(いわゆる思い込み)では、ないと思う。

あんなにリラックスした気持ちで、麻酔を受けたのは初めて…。

レメディって、やっぱりスゴイなあ…。

私の直感では、特に、Arg-n.が、ヒットした気がします。

Arg-n.のテーマは、「どうすれば自分自身を信じることができるか」。

「パニックとは、自己コントロールができなくなるという妄想からくる自己防衛です。

 何事も先々のことが不安で心配になってしまうのは、失敗した経験があるからです。

 失敗を悪く思う心の中で自信が砕け、不安症やパニック症が生じてきます。

 腰を据えてじっくり正見することができず、頭の中で描いたものを現実と思い込んでしまうのです。…以下省略」

          (由井寅子著「ホメオパシーin Japan」より抜粋。)

なるほど…。


確かに私には、そんなところがあります。

まだ何回か、麻酔をかけての治療が続くので、
次回も、レメディを飲んでいき、

この機会に、トラウマを解消してしまおうと思っている私です^^。

 


ちなみに…、
まだレメディを飲む前、「どうやったら、震えなくなりますか…?」と、必死に訪ねる私に(笑)、


天は、

「震えてもいいんですよ^^。

 震える自分を許しましょう。

 震える自分を恥ずかしがらず、歯医者さんを信頼して、素の自分自身を、すべて委ねてしまいましょうね^^」
と、アドバイスくださいました。

震える自分をも、受け容れる…。

何事からも、目を背けるのではなく、正見する…。

確かに、そう気づいてみると、「麻酔に震えちゃう女性」っていうのも、案外カワイイもんですよね(笑)!


うんうん^^。

そして、そう気づくと、

「痛いよ〜!怖かったよ〜(>_<)!お母さ〜ん(T_T)!!」と、泣いている、子どもの私が、顔を出し始め、
私は、涙を流しながら、胸に手を当て、

「そうだね、痛かったよね。怖かったよね。痛いよね。怖いよね。…分かるよ。私もそうだよ。よしよし^^」と、

子どもの私を、優しく優しく、抱きしめてあげました。

泣いている、子どもの私…、なんて愛おしい…。


気が済むまで、泣いていいんだよ^^。

そうだね…、怖かったよね…、痛かったよね…。

大切な気づきをくださった、歯医者さんとの出会い…、
ありがたいです。

大切な気づきをくれた、私の歯も…、本当にありがとう。

そして、これからは、自分の歯を、本気で大切にします!

 

Sponsored Link

予防接種とインナーチャイルド

おはようございます^^。hitomiです。

先日、私は、ホメオパシーの権威、由井寅子先生の著書を、2冊読みました。

一つは、「予防接種、トンデモ論」。

実は私は、息子に予防接種を、ほとんど受けさせていません。

…といっても、特に何か強いポリシーがあったわけではなく、
あえて言うなら、DPT(三種混合)の3回目の接種後、息子が急にひどい咳をし始め、
「なんだか、百日咳の予防接種をして、逆に百日咳にかかったみたい…(-_-;)」と、なんだかイヤ〜な感じがし、
あまりにひどい咳が続くので、ホメオパスの方に相談したところ、「やはり、DPTの毒出しが起きているんでしょう」と言って、DPTのレメディを頂き、
「なーんか、予防接種って、気持ち悪いなあ…」という本能的な拒否感を、何となく抱えていたぐらい。
あと、予防接種をした後ぐらいから、卵白のアレルギーが出始めたのも、何となくイヤな感じがしていました。

でも、拒否感といっても、それは割とお気楽なもので、
「予防接種の害をとるレメディも用意されているわけだし、予防接種を受けるたびに、害取りのレメディも摂ればいいか〜^^」と、気楽に考えていた私。

だから、どちらかというと、私のずぼらな性格と、引っ越しやら何やらのバタバタのせいで(^_^;)、
気づくと、BCGとDPTを3回受けた時点で、息子の予防接種のことなんてすっかり忘れて、止まったままになっていた…というのが、真相でした(^_^;)。

ところが、先日、1歳半の内科検診で、お医者様からそれを指摘され、
「お母さん、何やってるんですか…!!!」と言わんばかりの強い口調で、怒られてしまったんです。

私も、「あれ〜、そんなに受けてませんでしたっけ(^_^;)?」と、自分でも自分にちょっと驚いたのですが(笑)、
でも、すごい剣幕で、あまりに強い口調で怒られたもので、ちょっとビックリし、

そしてなんだか、ムッとしてしまいました。

「予防接種って、今は別に義務でもないし、安全性だって確立されているわけでもないのに、そんなに頭ごなしに叱られてまで、しなくちゃいけないものなの…??」と、なんとなく意固地な気持ちになってしまったんです(笑)。

しかし、そうやって改めて考えてみると、

やはり私の中には、「予防接種は、何か気持ちが悪い」という思いが根強くあることに、自分自身気づきました。


どうも人間の体にいいものだとは、どうしても思えないんです。


私の本能的なカンとでも言うべきものが、「何か、おかしいぞ」と、しつこく訴えてきます。

こんな気持ちのままで、息子に予防接種を受けさせたくないな…。

そこで、「なぜ、受けてはいけないのだろう?」と、どうしても気になった私は、
「予防接種は、受けるべきではない」という説の代表である、ホメオパシーの権威、由井寅子先生の著書を読んでみることにしたわけです。

読んで、衝撃でした。
やはり、私の感じたことは間違ってなかったのだと、いや、それ以上に恐ろしいことだったのかもしれないと、思いました。

もちろん、その本を鵜呑みにしてはいけないのかもしれません。


でも、私の中の本能が、「ここに書かれていることは、真実である」と確信しています。
私が信じる宇宙の真理に、とても符合します。

そして、小さい頃からたくさんのアレルギーを持ち、とても虚弱な私の体が、「そうなんだよ!そういう理由だったんだよ!やっと気づいてくれた…!?」と、やっとその理由に気づいてくれたことに、大きな喜びを感じています。

読んでみて、本当に良かったです。
私はもう、息子には、予防接種は受けさせないと思います。

実際に、実例をこの目で見ているのも、強いと思います。
ホメオパスの方々のお子さんは、皆さん一様に予防接種を受けておらず、でも、とても元気でいい子^^!


そして、もう一冊の本は、「インナーチャイルドが叫んでいる!」というもの。

これも、なかなかに衝撃的かつ感動的な内容で、
アプローチの仕方は違うものの、私の持つ宇宙観に近く、
自分自身が抱える問題を解決する、とても大きなヒントを頂きました。


しかし、この2冊の本を読んで以来…、
私は、物思いに沈むことが、増えてしまいました。

何なのでしょう…、
心がいつも、何となく重いというか、簡単に言うと、テンションが下がってる感じ…。

何か、心が閉ざされているような、感情を失くしてしまったような、変な感じです。

胸が、苦しい…。



そんな、理由の分からない重さを抱えていた私に、
昨日のヒーリング時、天からこんなメッセージが届きました。

「あなたは、今も、今までも、どの瞬間も、すでに完璧です…^^」

*****
この世のすべては、いつも完璧です。
この世には、間違いというものは、一切ありません。
あるのは、「間違っている」と思う、あなたの心だけです。
*****

……。

最初ちょっと、このメッセージの意味が分かりませんでした。
「これ、一体誰へのメッセージ…?」と思うぐらい、何かトンチンカンな気がしました。

でも、お風呂に入っている時に(また(笑))、

ふと分かったんです。

「ああ…、私、いつの間にか、過去を後悔していたんだ…」と。

知らなかったとはいえ、すでに息子にBCGとDPTの予防接種を受けさせてしまい、変な病気を植え付けてしまったこと。


頭では、「DPTを実際に受けて、息子が咳をしてくれたから、予防接種への疑問に気づけたのだ。だから、受けて良かったのだ」とは分かっていましたが、

でも、よくよく見つめてみると、心のどこかで、私は後悔をしていたのです。
「もっと早く、予防接種というものについて、真剣に向き合っていれば…」と。


また、今の世の中に、あまりにも間違った情報が流れていることに、なんだか悲しくて、絶望的な気分になってしまっていました。

また、あまりにもひど過ぎる、両親や大人からの虐待によって、傷ついた心を抱えたままの方々が、こんなにもいることを知って、
「なんで、そんなに酷いことが、子どもにできるんだろう」「どんなに、傷ついたことだろう。痛かったことだろう。悲しかったことだろう」「虐待をしている親たちも、どんなに悲しい思いを抱えているのだろう」と、

他人への感情移入があまりに激しい私は、その思いに意識を合わせることで、自分までが苦しい気持ちになってしまっていました。


そして、世を恨んでしまう気持ちに、なってしまっていたんです。



そんな私に、天は、「この世のすべては、いつも完璧です」と、伝えてくださいました…。

気づくのに、遅すぎることも早過ぎることもない。
それは、いつだって完璧なタイミングで訪れるのだ…。


例えば、病気になった過去があるから、健康でいる術を学ぶことができるのだ。
右に行った経験があるから、左に行くことの意味が分かるのだ…。

また、とてもとても辛い現実があったとしても、でも、それらも、まぎれもない、愛と光の姿である…。
愛と光を取り戻そうと、必死にあがいている、愛しいたましいたちの姿なのだ…。

もちろん、知らなくていいわけではありません。放っておいていいわけではありません。突き放していいわけではありません。黙っていていいわけではありません。

ただ、もっと大きな視点から、世界を見つめること…。

「それを、思い出してくださいね…^^」

天が、あやうく沈み込みそうになる私に、そう言って、優しく手を差し伸べてくださいました…。

どんなに辛くて悲しい現実も、まっすぐに見つめる。


そして、光の方向を、常に差し示し続ける。


そんな勇気を忘れない、強い私でありたいです…。

 

 

 

Sponsored Link

ホメオパシー

昨日、私は、「薬は、できるだけ飲まない方が良いですよ」というお話をさせて頂きました^^。

でもやっぱり、何か症状が出た時に、何も飲まないって、何もしないって、結構不安ですよね(笑)。
特に、お子さんをお持ちの方などは、苦しそうな我が子を見ながら何もせずにいるのは、不安で仕方がないことでしょう。
それに、なるべく早く、症状を出し切ることができ、なるべく早く、気づくべき気づきへと行き着けるのなら、その方が良いに決まってます。

そんな時に、大活躍してくれるのが、私の話にもよく出てくる「ホメオパシー」です^^。

イギリスを始めとするヨーロッパでは、昔からかなりメジャーなもので、ドイツやフランスでは、今や医師の4割が、治療の選択肢としてホメオパシーを用いている、と聞いたこともあります。

そして、日本でも、最近かなり浸透してきているのではないでしょうか・・・?

ホメオパシーの魅力としては、とにかく、「安い!」「副作用がない!」という、手軽さだと思います。

症状別に用意された「レメディ」と呼ばれる砂糖玉は、相当な量が入って、1瓶580円〜という安さですし、
自分に合わないレメディを取ったからといって、何が起きるわけでもありませんし・・・^^。
赤ちゃんやお年寄り、妊婦さんにも、安心して使えます。

摂り方も、とっても簡単。
自分の症状に合いそうなレメディを、ポンと舌下に置いて、溶かすだけ^^。
あるいは、適合しそうなレメディを2〜3種類、まとめて飲み物に溶かしても構いません(コーヒーは避ける)。


ただ、「それにしても、何から摂り始めていいのか、さっぱり分からない!」という方には、最初は、セット物から始めてみるのが、おススメです^^。

以前ホメオパスの方から聞いた話によると、
ミネラルセット → 浄化活性(JX)セット → デトックス(DX)セット
の順番で進めてみられると、体が効果的にキレイになるようです。

体のベースが整う、と言うのでしょうか、この流れをたどってからの方が、症状別のレメディを摂った時の効き方も、俄然良くなるようですよ^^。

私もこの流れをたどる中で、さまざまな好転反応があり、病気の治癒があり、そして、さまざまな気づきがあり、心と体が明らかにシンプルさを取り戻しました。

ホメオパシージャパンのHPから、注文することができ、ホントに「すぐ」届きます^^。

ぜひ、お試しください^^!

Sponsored Link
| 1/1PAGES |

profile

プロフィール画像

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

Sponsored Link

recommend

recommend

links

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM